毎日のお弁当作りをより手軽に

日々のお弁当作り、大変ですよね。みなさん色々と工夫されていると思いますが、私自身がこれは使える!と思う方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

①「作り置きおかずは、一度に二品」
ひじき煮や切干大根の煮物を作り置きされている方も多いと思いますが、材料をそろえたり切ったり、大変ですよね。ひじき煮の「ひじき」以外と、切干大根の煮物の「切干大根」以外の材料を一緒にすれば、一度の支度で二品できて非常に便利です。例えば、にんじん、薄揚げ、ちくわなどを切って2つに分けて、メイン食材を入れて煮れば良いですよね。副菜として定番二品は非常に重宝しますよ。

②時間がない時は「スクランブルエッグ」
出し巻き卵はお弁当の定番ですが、結構手間がかかりますよね。こんな時にオススメしたいのが、1食材プラスしたスクランブルエッグです。ベーコンやウィンナー、角切りのスパムもオススメです。コーンやゆでたほうれん草だと彩りもきれいですし、にらを入れればにら玉です(もはやスクランブルエッグではないですが)。ふわふわしているので、ギュッと詰めたり、かさを増すためにふんわり盛り付けたり、お弁当箱の中でいい仕事をしてくれますよ。今では主人は、出し巻き卵よりこちらを好みます。

③困った時の「ちりめんじゃこ」
あと一品…に困ること、よくありますよね。ちりめんじゃこがあればどうにかなります。前述の卵に混ぜても良いですし、小松菜、ほうれん草、ピーマン、ニラなどとさっと炒め、めんつゆをほんの少々加えるだけで、箸休め的なおかずになります。ちりめんじゃこが余分な水分を吸ってくれますし、もちろん栄養たっぷりなので、何かと使えますよ。

毎日のことなので、より簡単によりおいしく、を目指したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です